営業設計から見直し業績UPする成功術

 
業績UPする!!営業設計から見直し成功術

このような悩みを抱えている企業は要注意!!代行を決める前に相談が必要な企業ベスト3

  • 自社の営業マンでは成果が出ないから外部に任せようと思っている

    相談が必要な企業ベスト3

    成果が出ない要因が不明のまま依頼しても効果ナシ!なぜ売れないのかを分析する前に、代行を決めても成果はでません。どのような営業をすれば効果が出るのかまずは相談しましょう。

  • 新規事業を始めたが、営業やったことないから任せたい

    相談が必要な企業ベスト3

    営業をマルッと任せるのは危険です。営業は、一番のユーザーとの接点であり、マーケティングを行う意味でも重要です。逃げの営業代行ではなく代行会社と並走できるよう、基礎知識は装着しておきましょう。

  • 自社の営業マンのレベルが低いのでプロに任せたい

    相談が必要な企業ベスト3

    本当に営業マンのレベルが低いのでしょうか?自社の営業が管理できないのに外部の営業マンを管理できるのでしょうか?営業ツールなどを見直すなど、管理方法を今一度考えましょう。

このように、逃げの一手で代行を頼むとうまくいきません

sekkei_h2_img成果を出すために、営業コンサルから依頼して
業績アップにつながった事例をご紹介!!

「営業ができないから依頼する」

このように、
諦めの気持ちで営業代行を依頼しても効果は薄いでしょう

  • 本当に、電話営業が会社の商品に合っているのか
  • 今、アタックしている顧客が本当にメインターゲットでよいのか
  • 使っているチラシは、目を引くものになっているか
  • 会社パンフレットは、キチンと会社の魅力を語っているか
  • 既存顧客への提案をしきれているか

など、効果を出すためにPDCAできることは多岐にわたります。まずは、会社に合った営業手法を明らかにする所から始めましょう。

  • 【営業商品メーカー A社】 上記に対しての事例

    依頼理由:業績不振事業の新規立ち上げのための代理店営業手法の確立、ゴール目標:初年度売上1億円

    矢印

    営業コンサルティング導入後
    年商2億円が安定して達成できるような太い代理店ができた

    現状の状態

    • ・代理店営業の当たり先が明確になった
    • ・代理店営業で使うDM、企画書などの型ができた
    • ・営業同行などで、社内で営業できる人材が育った
    • ・営業のヨミ管理を行う指標・シートができた
  • 【人材サービスベンチャー B社】 上記に対しての事例

    依頼理由:サービスを立ち上げたが営業をしたことがなかったので。ゴール目標:未経験者でも営業できるように営業の型を創る

    矢印

    営業部長として、週1回訪問

    現状の状態

    • ・問い合わせからの営業にて失注率が83%→4%に改善した
    • ・営業の目標設定、行動管理の型ができるようになった
    • ・営業ツール、企画書などの型ができた
    • ・営業同行を行い、育成をしてもらえるようになった
    • ・代理店営業の型もつくることができた
  • 【フリーズドライメーカー C社】 上記に対しての事例

    依頼理由:昔ながらの顔出し営業が定着していたが、業界が伸びているのにも関わらず自社の実績は下がっており、抜本的な営業方法を見直し、提案型の営業にシフトしたかった。ゴール目標:既存顧客への提案の型を創り、5社で2億円の売上を創る

    矢印

    進捗中。月1回訪問&スカイプ

    現状の状態

    • ・商談力強化の勉強会
    • ・顧客分析の行い方を型化
    • ・企画書の方法を型化
    • ・フィードバックの方法を型化
    • ・シェアをベースに営業KPIを決める方法を型化

sekkei_h2_imgなぜ今、営業コンサルティングを利用する
業者が増えてきているのか?

結論からいうと、商品のコモディティ化(似たような商品が世の中にたくさんありふれている世界)が進んできたからです。例えば、今までにない家電が今後世に出ることはほとんどないと思います。TVは必ず一家に一台、すでに家庭にありますよね。その中で、どうやって自社のTVを他社と差別化して売るかという商売になってくると、「もの」だけでなく「サービス力や販売力」もお客様から求められるようになります。すなわち、「何を買うか」よりも「誰から買うか」が大事になってくるのです。また、お客様の声をキチンと拾って商品作りを行わなければ、ニーズに合った商品作りを行うことも難しくなります。だからこそ、「営業ができないから任せたい」といったような逃げの一手で営業代行を頼んでも効果は見込めません。継続的な成果を出すために、まずは会社に合った営業手法は何なのかを相談する所から始めてみませんか?

営業代行ガイド.comの取材メモ

営業コンサルティングは当たり前の選択肢の1つ!

今回、多くの営業代行業者を取材して感じたのは、市場のリサーチや
競合他社の動きを把握していない企業が多いという事です。商品・
新サービスの開発には長けていてもそれを売るとなると全くの別物な
ので営業のプロに任せるというのは非常に合理的だと感じました。
営業面の改善を考えているのなら一度、話を聞いてみるだけでも会社
にとって大きなプラスになりそうですね。

sekkei_h2_imgお待たせしました!営業コンサルティングを
行える営業代行業者をご紹介します!

  • 企業名

    株式会社Pro-D-use(プロディーユース)

  • 本社所在地

    東京都新宿区西新宿2-7-1小田急第一生命ビル 12F

  • 設立

    2015年8月

  • 資本金

    900万円

リクルートで培ったノウハウで営業手法の設計をします。

営業代行を頼む前に、そもそも自社に合った営業手法とは何なのか、営業設計をするところから営業管理を代行いたします。新規の飛込みがいいのか、人脈をたどるのがいいのか。「営業が苦手だからアウトソース」するのではなく成果を望める会社にフィットした営業フォーメーションを設計いたします。営業代行のサービスも非常に有効なサービスですが、そのサービスをどう使うかで成果は大きく変わってきます。意思決定を行う前に、まずは一度相談してみませんか。

  • 株式会社Pro-D-useの強みはここ!
  • ・リクルートや船井総研のノウハウが充実!
  • ・企業の独自性を大事にします!
  • ・営業代行ではありません。貴社の成果にコミットいたします!
  • ・完全並走型の実行支援!
  • 株式会社Pro-D-useが請け負えないこと
  • ・公序良俗に反する内容は請け負えません
  • 必ず営業代行ガイド.comを見たと伝えてください

    03-5909-3711

メールで連絡する

bottom_hr