マーケティングを含めた営業代行を利用したい時の極意

突然ですが、あなたはビジネス、商売の原点をご存知でしょうか?それは「営業」と「広告(集客)」だと言われています。企業組織として営業が強くても集客力が弱ければビジネスは成功しませんし、逆もまた然りです。このように商売と密接に関係する「営業」と「広告(集客)」、もしかしたら貴社に必要なのは営業分野のみの代行だけではなく、集客力の強化も必要なのかもしれませんよ。

マーケティングを含めた営業代行を利用したい時の極意

headline
  • 01マーケティングって一体、何なんでしょう?
  • 02こんな課題を持っていたら営業+集客の改善が必要!
  • 03マーケティング実施の営業代行のメリット・デメリットを知ろう?
  • 04マーケティングの重要項目、ターゲット選定を知る!
  • 05マーケティング集客の手法を学ぼう!
  • 06業者への依頼時や打合せ時のポイントを教えます
  • 07マーケティング実施の営業代行でよくある質問
  • 08マーケティング実施の営業代行を依頼するならこの業者がオススメ!

そもそもマーケティングって何?
まずはマーケティングの定義を知ろう

マーケティング=単なる集客ではありません

マーケティングという言葉をWikipediaで参照してみると「顧客が真に求める商品やサービスを創造し、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする活動(参照:Wikipedia)」ということだそうです。つまり単なる集客という意味だけではなく、そのビジネススキームやビジネスモデルの構築、実施後の検証と改善などを含む、全ての活動が対象となります。

これらマーケティング活動の中で、特に重要なのがターゲティングとコンテンツの精度と言われています。商品が誰に対して提供しているものなのか?なぜその商品を購入するのか?その動機は?購入者が本質的に抱えている不安や悩みは何か?など、どんなお客様が商品にとって理想的な人物像なのかを調査し、具体化していくのがターゲティングです。

またそのターゲットに対して、どんな媒体を用い、どのような言葉とビジュアルで情報を提供するのか?どんなことを書き、どのような順序で見せるか?などが内容=コンテンツに該当します。

この両者の中で片方だけでもズレてしまうと、商品のポテンシャルを最大限に活かした販売がおこなえないことが、ビジネスにはマーケティングが必要不可欠と言われる所以なのです。

貴社はこんな課題を抱えていませんか?
もしそうなら営業+集客の改善が必要です

単なる営業代行で成果を挙げられるのは、既に市場が成熟し普遍的な状態の業界に限られるものです。でも貴社の商品がそれに該当するかというと、そうでは無いのかもしれませんね。多くの商品市場は常に流動しており、それに合わせて商品も、営業手法も、集客方法も変えていかなければ、継続してビジネスを成長させることはできません。

貴社も次のような課題を抱えていませんか?

  • 今の営業方法に限界を感じている
  • 他社商品と同レベルなのにシェアが伸びない
  • 集客手法が10年前と同じ
  • 業界で価格破壊がおこっている
  • 市場を創造しなければならない商品をリリースした
  • 自社商材と他社商材の差別化のポイントがわからない

もし上記のような課題を抱えているのであれば、営業代行の利用はもちろん、マーケティング部分、集客部分での検証・改善もおこなう必要がある可能性が高いです。

マーケティングにはどんな利点・弱点が?
そんなメリット・デメリットを把握しよう

マーケティングという言葉の響きだけで、効果が高そうな印象を受けるものですが、その利点や弱点を把握していますか?ここではマーケティングのメリット・デメリットについて解説します。

マーケティング実施のメリット・利点

  • 利点①:営業とマーケティングを包括的におこなうことで効率的な効果が見込める!
  • 利点②:商品のポテンシャルを活かし潜在顧客の掘り出しが可能!
  • 利点③:顧客が本当に望む改善内容が明確に見えてくる!
good_point

この代行の
利点は…
最適化

ターゲットや集客方法の検証はもちろん、商材そのものの検証にもつながるマーケティング。上手く活用すればポテンシャルを最大限に活かすことが可能!

マーケティング実施のデメリット・弱点

  • 弱点①:戦略の策定や検証には、どうしても時間がかかるもの。
  • 弱点②:マーケティングを含める分、コストもかかってしまう。
  • 弱点③:マーケティングは業者の質によって大きく変わってしまう。
bad_point

この代行の
弱点は…
要時間

やはりマーケティングを用いて商品やターゲット、集客方法の最適化をおこなうには時間が必要となります。手法が確定していなければ短期決戦には向かないのが弱点です。

ターゲットはどうやって導き出すのか?
そんな疑問にお答えします!

上記の「そもそもマーケティングって何?」でも触れましたが、マーケティングにおけるターゲットとは、あなたのサービスや商品にとって理想的な顧客像を意味します。この人なら必ず買ってくれる、この人なら必ず使ってくれる、この人なら必ずお金を落としてくれるなど、あなたにとっての理想的な顧客像を掘り下げていくことが、マーケティングの第一歩となります。

そんなターゲティング(ターゲット選定)ですが、どのようにして導き出すのでしょうか?その方法は大きく2つあります。

仮想ユーザーの設定(ペルソナモデル)
これは商材やサービスのリリース前におこなわれることですが、その商材にとって理想的であろうユーザーの人物像を具体化します。これを「ペルソナモデル」と呼び、ビジュアル像や年齢、性別、性格、家族構成、年収、仕事内容、貯蓄額、居住地などの個人情報はもちろん、携わる仕事の役職や企業規模、さらにはその人物が抱えている夢や希望、本質的な問題(例:40歳であれば視力の低下など健康に支障をきたしつつある等)を具体的に書き出し、ひとりの人物像としてまとめ、この人物であれば、どんな広告手法や広告内容、キャッチコピーであれば購入行動まで至るのかを練ります。

ヒアリング
これは商材やサービスのリリース後におこないたいことですが、実際に商材を購入した利用者に対して、「なぜ購入したのか?」「どんな悩みを解決したかったのか?」「どこに惹かれたのか?」「他に購入を考えた商品は何か?」「それは何故か?」などを直接、聞くことです。これを「ヒアリング」と呼び、この利用者の実直の声に耳を傾け、商材やプロモーション手法・内容を改善することで、より効果の高い集客がおこなえるようになります。

もちろん、ヒアリングをリリース前におこなう(その場合は購入するであろうユーザーを選別)することも可能ですし、設定したペルソナモデルが実際の市場と異なる場合も多々あります。重要なのは、リリース後にこのターゲティングをどれだけ精度高く調整していけるかということです。

マーケティングにはどんな方法がある?
マーケティング集客の方法を学ぼう

マーケティングのメリットやデメリットを理解した上で、実際の集客方法としてどのようなものがあるのでしょうか。そんな疑問にお答えするためにも、ここでマーケティング集客の方法を学びましょう。

  • マーケティング集客 1

    王道は紙媒体の広告!

    広告の王道と言えば、やはり新聞や雑誌などへの純広告出稿。ただ現在は発行部数の減少に伴う効果減少が難点。

  • マーケティング集客 2

    現代はネット広告も!

    今、集客の主流となるのがリスティングやSEO、DSP広告、Youtube動画広告などのネット広告ですね。

  • マーケティング集客 3

    流行するSNSの活用!

    ネット広告の中でもFacebookやツイッターなどを活用したSNS系の集客はここ10年で非常に流行しています。

  • マーケティング集客 4

    TV&ラジオ広告!

    予算がかかるものの、今だ圧倒的なリーチ力を持っているのがTVCMやラジオCMなどのマスメディア広告。

  • マーケティング集客 5

    侮れないチラシ広告!

    まだまだ効果が見込める広告として新聞折り込みやポスティング等のチラシ広告が挙げられます。

  • マーケティング集客 6

    DMやFAX広告もアリ!

    既存顧客やBtoBビジネスであればダイレクトメールやFAXDMも有効だと言われています。

どんなマーケティング集客をおこなうにしても、ターゲットがズレていれば効果は出ないのはもちろん、核となるのが会社パンフレットやコーポレートサイト・サービスサイトなどの自社メディアの質(コンテンツの精度)。この質が低ければ、広告効果も思うように得られないものです。

あなただけに教えます!
業者への依頼時や打合せ時の3ポイント!

さて、実際にマーケティングまで実施可能な営業代行業者へ相談しようと考えたとき、どのような点に注意して打合せをおこなうべきでしょうか。ここでは貴社が押さえておきたい打合せ時のポイントをご紹介します。

  • point_icon_01

    成功事例における営業&集客の戦略と戦術を聞こう!営業活動にしろ、集客活動にしろ戦略(=計画や策定)と戦術(=方法論)が必ず必要となります。マーケティングまで実施可能な営業代行業者は、この戦略と戦術をターゲットや商材に合わせて最適化する力を持っているものですが、その質と精度を図る上でも、成功事例の戦略と戦術を聞いておきましょう。

  • point_icon_02

    集客は自社でするか?代理店に任せるのか?集客分野は、専門性が高いものも少なくないため提携している代理店や他企業に再依頼することもしばしば起こります(特にリスティングやSEOなどのインターネット広告の出稿・運用)。そのように他企業へ再依頼となれば、手数料も発生しますので、費用もかさんでしまいます。どの部分を自社でおこない、どの部分を他社へ再依頼するかを聞きましょう。

  • point_icon_03

    もちろん聞くべき、総予算と期間マーケティングまで実施する営業代行は、往々にして高コストになってしまうものです。またメリット・デメリットでも触れたよう、検証をおこなうにはある程度の時間を要するものですし、この総コストと必要期間は必ず聞くようにしましょう。

こんな場合はどうなるの?
マーケティングに関するよくある質問

マーケティングまでおこなっている営業代行へ自社の集客の相談をしようと考えて、あなたの目の前にある電話の受話器を取ったとたん、どんなことを聞いてよいのか?聞くべきなのか?不安になりますよね。ここでは業者へ連絡する前に、知っておきたいQ&Aをご紹介します。

  • Q 成果報酬で請け負いできますか?

    マーケティングを実施する営業代行は基本的にチャレンジ的な要因が強くなるので、成果報酬で請け負っている業者は少ないようです。

  • Q 途中で利用の中止はできますか?

    これは業者によって様々かもしれません。商材の改善が必要で、その改善に時間を要する状況であれば、一端、営業代行を打ち切ってしまう方が良いこともあります。その際は違約金などの費用が発生する場合もありますので、利用前に確認しておきたいところですね。

マーケティング可能な営業代行業者からのアドバイス

ターゲットを絞り込むには
地道な積み重ねが必要不可欠です
株式会社コンフィデンス

貴社の商材にとって最も適している顧客を導き出すには、実際に市場へ商材を投下し、その反応を検証する必要があります。そして商品であれ、集客や営業であれ改善をおこなっていくことで、初めて理想とする顧客へとたどり着き、その結果、市場における商品価値が認められるものです。

それには地道なPDCAサイクルが必要不可欠です。
このPDCAをどのようにするかで業者を決めるべきでしょう。

マーケティングまで実施可能な業者ならココ!
営業代行ガイド.comイチオシ業者の紹介

わたしたち営業代行ガイド.comでは、全国に存在する業者の中から「ここは本当にオススメできる」という優良企業を厳選して紹介しています。いずれも質も精度も高い営業代行サービスをおこなっていますので、ぜひ一度、話を聞いてみてください。

  • 株式会社Pro-D-use -リクルートで培ったノウハウで営業手法の設計-

株式会社Pro-D-use(プロディーユース)

  • 企業名

    株式会社Pro-D-use(プロディーユース)

  • 本社所在地

    東京都新宿区西新宿2-7-1小田急第一生命ビル 12F

  • 設立

    2015年8月

  • 資本金

    900万円

リクルートで培ったノウハウで営業手法の設計をします。

営業代行を頼む前に、そもそも自社に合った営業手法とは何なのか、営業設計をするところから営業管理を代行いたします。新規の飛込みがいいのか、人脈をたどるのがいいのか。「営業が苦手だからアウトソース」するのではなく成果を望める会社にフィットした営業フォーメーションを設計いたします。営業代行のサービスも非常に有効なサービスですが、そのサービスをどう使うかで成果は大きく変わってきます。意思決定を行う前に、まずは一度相談してみませんか。

  • 必ず営業代行ガイド.comを見たとお伝えください

    03-5909-3711

メールで連絡する



ぜひこちらもチェックしておきたい!
マーケティング実施の営業代行に関する関連情報

営業代行ガイド.comは、マーケティングを実施するの営業代行に関して、当ページ以外にもあなたが押さえておくべき情報がいろいろなページに掲載されています。ここでは、このページを閲覧されるあなたに、是非、合わせて読んでもらいたいコンテンツをご紹介しています。

Sales agency consultations Rankingあなたに合わせて読んでもらいたいコンテンツ

マーケティングに関する情報はこちら